ボクシング フライ級10回戦 ユーリ海老原×金秉甲(1991年9月)

  • 放送未定

ユーリ海老原(後の勇利アルバチャコフ)日本タイトル初防衛戦の前に行われたノンタイトル戦!1991年9月30日に東京・後楽園ホールで行われた試合をオンエア!
7月に行われた王座決定戦では、1ラウンド2分5秒で相手をマットに沈めたユーリ。1990年に2月のプロデビュー後、ここまで8戦8勝8KO!もはや注目ポイントは、KOタイム・KOラウンドといったところか。
対戦相手の韓国フライ級9位・金秉甲(キム・ビョンガ)は、25歳。ここまで21戦11勝(3KO)4敗6分の戦跡。手数が多く、速い動きが武器のサウスポースタイルのボクサー。昨年韓国のフライ級タイトルマッチに出場したが、惜しくも敗れ、1年間のブランクを経て、本日が再起戦となる。
勝利を収めるのは、果たして!?

●フライ級10回戦
ユーリ海老原(協栄)×金秉甲(韓国)

ゲスト解説:鬼塚勝也
解説:白井義男、具志堅用高
実況:宮澤隆(TBSアナウンサー)

【開催日:1991年9月30日 東京・後楽園ホール】

番組基本情報

  • 制作年 : 1991年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
TBS1 TBS2