ボクシング WBA世界ジュニアバンタム級王座決定戦 鬼塚勝也×タノムサク・シスボーベー(1992年4月)

  • 放送未定

1992年4月10日に東京体育館で行われたWBA世界ジュニアバンタム級王座決定戦「鬼塚勝也×タノムサク・シスボーベー」。アマチュア時代からボクシング界にその名を轟かせたエリートボクサー・鬼塚勝也が、18戦無敗で臨んだ初の世界戦。19度の防衛を成功したタイの怪物カオサイ・ギャラクシーが返上し、空位になった王座を、鬼塚勝也(同級1位)とタノムサク・シスボーベー(同級2位)が争った一戦。序盤はタノムサクにペースを握られるも、徐々に流れを引き戻していく…。このファイトに、鬼塚の勝負に懸ける執念が凝縮されている。

【対戦カード】
●WBA世界ジュニアバンタム級王座決定戦
鬼塚勝也(協栄)×タノムサク・シスボーベー(タイ)

解説:白井義男、具志堅用高
実況:宮澤隆(TBSアナウンサー)

【開催日:1992年4月10日 東京体育館】
第1Rから猛烈な攻め合いが始まった。第5Rまでは、タノムサクの左ジャブからの攻撃がペースをつかむ。鬼塚は目の上を切り流血。しかし第6Rに入り、疲れが見え始めたタノムサクを、鬼塚はすかさず左右のワンツーから攻撃を開始、一気に試合の流れをつかむ。終盤に入ると両者とも激しい打ち合いを展開し、そのまま勝負は判定へ。

番組基本情報

  • 制作年 : 1992年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • その他 : ※情報は1992年4月10日現在
TBS1 TBS2