日曜劇場「くるま宿」

出演

山村聡、淡島千景、二木てるみ、長谷川明男、蜷川幸雄、神田隆、中村梅之助、大沢真吾、森田昌宏、山岡徹也、嵐圭史、内村健治、杉本敏男、佐田慧亮、石山律、真木みつ男、藤代佳子、水谷実子、森山周一郎、美川陽一郎、寺島信子、三好美智子 ほか

  • 放送未定

松本清張原作。明治初頭、高い官職についた榎本武揚の送迎のために人力車を呼んだ部下たちは、現れた車夫の顔を見て驚く。吉兵衛と名乗るその車夫は、かつて榎本とともに五稜郭で戦った幕臣だった。節操を重んじ世を捨てて、今は一介の車夫に身を落としている身分のある武士と一人娘との愛情を描いた人間ドラマ。大ベテランの山村聡と淡島千景がドラマ初共演を果たした。1968年作品。

【ストーリー】
かつて維新政府に対し、徳川幕府の名誉をかけて榎本武揚とともに五稜郭に立てこもった元直参六千八百石大目付の山脇(山村聡)。戦に敗北し入獄した後、榎本や部下の久能が許されて官職に迎えられる一方で、山脇は世を捨て、吉兵衛と名乗り車夫として暮らしていた。一人娘の千恵(二木てるみ)は久能と婚約していたが、父とすべてをともにして愛も失い、貧しさから失明してしまう。だが千恵は一言も不平を言わず、淋しさに耐え抜いていた。吉兵衛は車引きの帳場のおかみさん・お蝶(淡島千景)の好意も、そして榎本や久能に身分が知られてからは官職への誘いもすべてはねつけ、自分の信念を貫き通して車引きに専念していたが、そんな彼も千恵のことだけは不憫でならなかった。あるとき、千恵のもとに久能が訪ねてくる。久能は千恵と添えなくなっても独身を守り通していた。そして今、千恵に目の手術を受けさせたいと、お蝶を通して申し込んでくるのだった。

番組基本情報

  • 制作年 : 1968年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 石井ふく子
  • ディレクター・監督 : 山本和夫
  • 原作 : 松本清張
  • 脚本 : 辻久一
  • その他 : ※モノクロ作品
TBS1 TBS2