日曜劇場「続・ママ日曜でありがとう」

出演

香川京子、山内明、石崎恵美子、三原扇、宝生あやこ、吉行和子、文野朋子、西岡慶子、真屋順子 ほか

  • 放送未定

『ママ日曜でありがとう』の続編。2人の子供のためにてんやわんやする共稼ぎ夫婦の哀歓を描いたホームドラマ。『渡る世間は鬼ばかり』の橋田壽賀子が脚本、石井ふく子がプロデュースを担当。仕事と育児に奮闘する新聞記者の夫婦を、香川京子と山内明が好演。1965年作品。(モノクロ作品)

【ストーリ− ー】
長女・協子(石崎恵美子)はもうすぐ4歳、長男・健太郎(三原扇)は2歳のいたずら盛りとなった俵家。相変わらず萠子(香川京子)は新聞社に務め育児欄を担当、夫の伸之(山内明)も同じ新聞社の政治部で働いていた。ある日、萠子が家に帰ると、珍しく伸之も帰宅していた。そして、お手伝いの清村(真屋順子)と一緒にケーキを食べていると協子が「明後日はママが幼稚園の昼食当番だ」と言う。しかしその日は萠子は仕事があり、どうしても幼稚園に行けない。伸之に相談した結果、萠子の代わりに伸之が昼食当番として幼稚園に行くことになる。ところが、伸之が幼稚園に手伝いに行った結果、失敗を連発し、協子は友達から冷やかされてしまい、ベソをかいて幼稚園から帰ってくる。

番組基本情報

  • 制作年 : 1965年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 石井ふく子
  • 原作 : 俵萠子「ママ、日曜でありがとう」
  • 脚本 : 橋田壽賀子
  • その他 : ※モノクロ作品
TBS1 TBS2