501タイトル(514エピソード)
  • 写真のみ表示
  • 番組情報表示

2019三井住友VISA太平洋マスターズゴルフ

2019三井住友VISA太平洋マスターズゴルフ

4日間いずれも生中継でお届け!シーズン終盤戦!賞金王争いにも注目!太平洋クラブ御殿場コースで開催、三井住友VISA太平洋マスターズの模様をオンエア! [2019年制作]

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×ラファエル・ペドロサ(1979年7月)

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×ラファエル・ペドロサ(1979年7月)

1979年7月29日に行われた具志堅用高のV9戦、WBA世界Jr.フライ級タイトルマッチ「具志堅用高×ラファエル・ペドロサ」。 [1979年制作]

ボクシング WBA世界ジュニアバンタム級タイトルマッチ 鬼塚勝也×アルマンド・カストロ(1992年12月)

ボクシング WBA世界ジュニアバンタム級タイトルマッチ 鬼塚勝也×アルマンド・カストロ(1992年12月)

1992年12月11日に行われた、WBA世界ジュニアバンタム級タイトルマッチ「鬼塚勝也×アルマンド・カストロ」。 [1992年制作]

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×アナセト・バルガス(1978年1月)

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×アナセト・バルガス(1978年1月)

1978年1月29日に行われた具志堅用高V4戦、WBA世界Jr.フライ級タイトルマッチ「具志堅用高×アナセト・バルガス」。 [1978年制作]

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×アルフォンソ・ロペス(1979年4月)

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×アルフォンソ・ロペス(1979年4月)

1979年4月8日に行われた具志堅用高のV8戦、WBA世界Jr.フライ級タイトルマッチ「具志堅用高×アルフォンソ・ロペス」。 [1979年制作]

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×金龍鉉(1980年1月)

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×金龍鉉(1980年1月)

1980年1月27日に行われた具志堅用高のV11戦、WBA世界Jr.フライ級タイトルマッチ「具志堅用高×金龍鉉」。 [1980年制作]

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×鄭相一(1978年10月)

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×鄭相一(1978年10月)

1978年10月15日に行われた具志堅用のV6戦、WBA世界Jr.フライ級タイトルマッチ「具志堅用高×鄭相一」。 [1978年制作]

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×ハイメ・リオス(1977年1月)

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×ハイメ・リオス(1977年1月)

1977年1月30日に行われた具志堅用高初防衛戦、WBA世界Jr.フライ級タイトルマッチ「具志堅用高×ハイメ・リオス」。 [1977年制作]

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×ハイメ・リオス(1978年5月)

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×ハイメ・リオス(1978年5月)

1978年5月7日に行われた具志堅用高V5戦、WBA世界Jr.フライ級タイトルマッチ「具志堅用高×ハイメ・リオス」。 [1978年制作]

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×マルチン・バルガス(1980年6月)

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×マルチン・バルガス(1980年6月)

1980年6月1日に行われた具志堅用高のV12戦、WBA世界Jr.フライ級タイトルマッチ「具志堅用高×マルチン・バルガス」とV13戦のダイジェストを送る。 [1980年制作]

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×モンシャム・マハチャイ(1977年10月)

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×モンシャム・マハチャイ(1977年10月)

1977年10月9日に行われた具志堅用高V3戦、WBA世界Jr.フライ級タイトルマッチ「具志堅用高×モンシャム・マハチャイ」。 [1977年制作]

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×リゴベルト・マルカノ(1977年5月)

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×リゴベルト・マルカノ(1977年5月)

1977年5月22日に行われた具志堅用高V2戦、WBA世界Jr.フライ級タイトルマッチ「具志堅用高×リゴベルト・マルカノ」。 [1977年制作]

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×チト・アベラ(1979年10月)

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 具志堅用高×チト・アベラ(1979年10月)

1979年10月28日に行われた具志堅用高のV10戦、WBA世界Jr.フライ級タイトルマッチ「具志堅用高×チト・アベラ」。 [1979年制作]

ボクシング WBA世界ライト級タイトルマッチ 畑山隆則×リック吉村(2001年2月)

ボクシング WBA世界ライト級タイトルマッチ 畑山隆則×リック吉村(2001年2月)

2001年2月17日に行われた、WBA世界ライト級タイトルマッチ。畑山隆則ライト級2度目の防衛戦。パワーと勢いの畑山か、リック吉村の悲願なるか? [2001年制作]

ボクシング WBA世界ジュニアバンタム級王座決定戦 鬼塚勝也×タノムサク・シスボーベー(1992年4月)

ボクシング WBA世界ジュニアバンタム級王座決定戦 鬼塚勝也×タノムサク・シスボーベー(1992年4月)

1992年4月10日に東京体育館で行われた、WBA世界ジュニアバンタム級王座決定戦「鬼塚勝也×タノムサク・シスボーベー」。鬼塚が18戦無敗で臨んだ初の世界戦! [1992年制作]

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 金煥珍×渡嘉敷勝男 ダイジェスト版(1981年12月)&渡嘉敷勝男×ルペ・マデラ(1982年4月)

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 金煥珍×渡嘉敷勝男 ダイジェスト版(1981年12月)&渡嘉敷勝男×ルペ・マデラ(1982年4月)

渡嘉敷勝男タイトル奪取戦「渡嘉敷勝男×金煥珍」ダイジェスト版&初防衛戦「渡嘉敷勝男×ルペ・マデラ」の2試合を放送。 [1981年制作]

ボクシング WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ 崔龍洙×畑山隆則(1998年9月)

ボクシング WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ 崔龍洙×畑山隆則(1998年9月)

1998年9月5日に行われた、WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ「畑山隆則×崔龍洙」。11カ月ぶりのリベンジマッチ、畑山は激しい打撃戦を挑む。 [1998年制作]

ボクシング 竹原慎二東洋太平洋タイトルマッチ(ディレクターズカット版)

ボクシング 竹原慎二東洋太平洋タイトルマッチ(ディレクターズカット版)

日本人初のWBA世界ミドル級王者・竹原慎二の名勝負を、東洋太平洋タイトルマッチを中心に6試合放送! [1995年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1960年(アーノルド・パーマー)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1960年(アーノルド・パーマー)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。アーノルド・パーマーが優勝した1960年大会を振り返る。 [1960年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1961年(ゲーリー・プレーヤー)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1961年(ゲーリー・プレーヤー)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ゲーリー・プレーヤーが優勝した1961年大会を振り返る。 [1961年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1962年(アーノルド・パーマー)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1962年(アーノルド・パーマー)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。アーノルド・パーマーが優勝した1962年大会を振り返る。 [1962年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1963年(ジャック・ニクラウス)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1963年(ジャック・ニクラウス)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ジャック・二クラウスが優勝した1963年大会を振り返る。 [1963年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1964年(アーノルド・パーマー)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1964年(アーノルド・パーマー)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。アーノルド・パーマーが優勝した1964年大会を振り返る。 [1964年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1965年(ジャック・ニクラウス)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1965年(ジャック・ニクラウス)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ジャック・ニクラウスが優勝した1965年大会を振り返る。 [1965年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1966年(ジャック・ニクラウス)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1966年(ジャック・ニクラウス)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ジャック・ニクラウスが優勝した1966年大会を振り返る。 [1966年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1967年(ゲイ・ブリュワー)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1967年(ゲイ・ブリュワー)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ゲイ・ブリュワーが優勝した1967年大会を振り返る。 [1967年制作]

ボクシング WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ 畑山隆則×ソウル・デュラン(1999年2月)

ボクシング WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ 畑山隆則×ソウル・デュラン(1999年2月)

1999年2月13日に行われた、WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ「畑山隆則×ソウル・デュラン」。スーパーフェザー級での初防衛戦。 [1999年制作]

ボクシング WBA世界ジュニアバンタム級タイトルマッチ 鬼塚勝也×松村謙一(1992年9月)

ボクシング WBA世界ジュニアバンタム級タイトルマッチ 鬼塚勝也×松村謙一(1992年9月)

1992年9月11日に行われた、WBA世界ジュニアバンタム級タイトルマッチ「鬼塚勝也×松村謙一」。鬼塚は初防衛戦の重圧をはねのけることができるのか? [1992年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1968年(ボブ・ゴールビー)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1968年(ボブ・ゴールビー)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ボブ・ゴールビーが優勝した1968年大会を振り返る。 [1968年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1969年(ジョージ・アーチャー)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1969年(ジョージ・アーチャー)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ジョージ・アーチャーが優勝した1969年を振り返る。 [1969年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1970年(ビリー・キャスパー)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1970年(ビリー・キャスパー)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ビリー・キャスパーが優勝した1970年大会を振り返る。 [1970年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1971年(チャールズ・クーディ)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1971年(チャールズ・クーディ)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。チャールズ・クーディが優勝した1971年大会を振り返る。 [1971年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1972年(ジャック・ニクラウス)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1972年(ジャック・ニクラウス)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ジャック・ニクラウスが優勝した1972年大会を振り返る。 [1972年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1973年(トミー・アーロン)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1973年(トミー・アーロン)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。トミー・アーロンが優勝した1973年大会を振り返る。 [1973年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1975年(ジャック・ニクラウス)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1975年(ジャック・ニクラウス)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ジャック・ニクラウスが優勝した1975年大会を振り返る。 [1975年制作]

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 渡嘉敷勝男×伊波政春(1982年7月)

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 渡嘉敷勝男×伊波政春(1982年7月)

1982年7月7日に行われた、渡嘉敷勝男のV2戦「渡嘉敷勝男×伊波政春」。日本人同士の対決となったV2戦は、王者が貫禄を見せる戦いとなった…。 [1982年制作]

ボクシング WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ 畑山隆則×ラクバ・シン(1999年6月)

ボクシング WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ 畑山隆則×ラクバ・シン(1999年6月)

1999年6月27日に行われた、WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ「畑山隆則×ラクバ・シン」。畑山隆則のスーパーフェザー級2度目の防衛戦。 [1999年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1977年(トム・ワトソン)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1977年(トム・ワトソン)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。トム・ワトソンが優勝した1977年大会を振り返る。 [1977年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1978年(ゲーリー・プレーヤー)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1978年(ゲーリー・プレーヤー)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ゲーリー・プレーヤーが優勝した1978年大会を振り返る。 [1978年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1979年(ファジー・ゼラー)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1979年(ファジー・ゼラー)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ファジー・ゼラーが優勝した1979年大会を振り返る。 [1979年制作]

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 渡嘉敷勝男×金成南(1982年10月)

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 渡嘉敷勝男×金成南(1982年10月)

1982年10月10日に行われた、渡嘉敷勝男のV3戦「渡嘉敷勝男×金成南」。V3戦は同級1位の挑戦者・金成南を迎え、その戦いぶりに注目が集まった。 [1982年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1980年(セベ・バレステロス)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1980年(セベ・バレステロス)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。セベ・バレステロスが優勝した1980年大会を振り返る。 [1980年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1981年(トム・ワトソン)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1981年(トム・ワトソン)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。トム・ワトソンが優勝した1981年大会を振り返る。 [1981年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1982年(クレイグ・スタドラー)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1982年(クレイグ・スタドラー)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。クレイグ・スタドラーが優勝した1982年大会を振り返る。 [1982年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1983年(セベ・バレステロス)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1983年(セベ・バレステロス)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。セベ・バレステロスが優勝した1983年大会を振り返る。 [1983年制作]

ボクシング WBA世界ライト級タイトルマッチ ヒルベルト・セラノ×畑山隆則(2000年6月)

ボクシング WBA世界ライト級タイトルマッチ ヒルベルト・セラノ×畑山隆則(2000年6月)

2000年6月11日に行われた、WBA世界ライト級タイトルマッチ「畑山隆則×ヒルベルト・セラノ」。畑山が史上4人目の2階級制覇を懸けて、王者に挑む! [2000年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1984年(ベン・クレンショー)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1984年(ベン・クレンショー)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ベン・クレンショーが優勝した1984年大会を振り返る。 [1984年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1985年(ベルンハント・ランガー)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1985年(ベルンハント・ランガー)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ベルンハント・ランガーが優勝した1985年大会を振り返る。 [1985年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1987年(ラリー・マイズ)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1987年(ラリー・マイズ)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ラリー・マイズが優勝した1987年大会を振り返る。 [1987年制作]

ボクシング WBA世界ライト級タイトルマッチ 畑山隆則×坂本博之(2000年10月)

ボクシング WBA世界ライト級タイトルマッチ 畑山隆則×坂本博之(2000年10月)

2000年10月11日に横浜アリーナで行われた、WBA世界ライト級タイトルマッチ「畑山隆則×坂本博之」。ハードパンチャー・坂本博之との世紀の日本人対決が実現! [2000年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1988年(サンディ・ライル)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1988年(サンディ・ライル)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。サンディ・ライルが優勝した1988年を振り返る。 [1988年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1989年(ニック・ファルド)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1989年(ニック・ファルド)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ニック・ファルドが優勝した1989年を振り返る。 [1989年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1990年(ニック・ファルド)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1990年(ニック・ファルド)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ニック・ファルドが優勝した1990年大会を振り返る。 [1990年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1991年(イアン・ウーズナム)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1991年(イアン・ウーズナム)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。イアン・ウーズナムが優勝した1991年大会を振り返る。 [1991年制作]

ボクシング WBA世界ジュニアバンタム級タイトルマッチ 鬼塚勝也×林在新(1993年5月)

ボクシング WBA世界ジュニアバンタム級タイトルマッチ 鬼塚勝也×林在新(1993年5月)

1993年5月21日に行われた、WBA世界ジュニアバンタム級タイトルマッチ「鬼塚勝也×林在新」。 [1993年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1992年(フレッド・カプルス)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1992年(フレッド・カプルス)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。フレッド・カプルスが優勝した1992年大会を振り返る。 [1992年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1993年(ベルンハルト・ランガー)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1993年(ベルンハルト・ランガー)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ベルンハルト・ランガーが優勝した1993年大会を振り返る。 [1993年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1994年(ホセ・マリア・オラサバル)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1994年(ホセ・マリア・オラサバル)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ホセ・マリア・オラサバルが優勝した1994年大会を振り返る。 [1994年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1995年(ベン・クレンショー)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1995年(ベン・クレンショー)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ベン・クレンショーが優勝した1995年大会を振り返る。 [1995年制作]

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 渡嘉敷勝男×金煥珍(1983年1月)

ボクシング WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 渡嘉敷勝男×金煥珍(1983年1月)

1983年1月9日に行われた、渡嘉敷勝男のV4戦「渡嘉敷勝男×金煥珍」。4度目の防衛戦の相手は、世界ジュニアフライ級8位の金煥珍。 [1983年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1996年(ニック・ファルド)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1996年(ニック・ファルド)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ニック・ファルドが優勝した1996年大会を振り返る。 [1996年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1997年(タイガー・ウッズ)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1997年(タイガー・ウッズ)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。タイガー・ウッズが優勝した1997年大会を振り返る。 [1997年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1998年(マーク・オメーラ)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1998年(マーク・オメーラ)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。マーク・オメーラが優勝した1998年大会を振り返る。 [1998年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム1999年(ホセ・マリア・オラサバル)

マスターズ・オフィシャル・フィルム1999年(ホセ・マリア・オラサバル)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ホセ・マリア・オラサバルが優勝した1999年大会を振り返る。 [1999年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム2000年(ビジェイ・シン)

マスターズ・オフィシャル・フィルム2000年(ビジェイ・シン)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ビジェイ・シンが優勝した2000年大会を振り返る。 [2000年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム2001年(タイガー・ウッズ)

マスターズ・オフィシャル・フィルム2001年(タイガー・ウッズ)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。タイガー・ウッズが優勝した2001年大会を振り返る。 [2001年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム2002年(タイガー・ウッズ)

マスターズ・オフィシャル・フィルム2002年(タイガー・ウッズ)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。タイガー・ウッズが優勝した2002年大会を振り返る。 [2002年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム2003年(マイク・ウィア)

マスターズ・オフィシャル・フィルム2003年(マイク・ウィア)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。マイク・ウィアが優勝した2003年大会を振り返る。 [2003年制作]

ボクシング WBA世界ジュニアバンタム級タイトルマッチ 鬼塚勝也×タノムサク・シスボーベー(1993年11月)

ボクシング WBA世界ジュニアバンタム級タイトルマッチ 鬼塚勝也×タノムサク・シスボーベー(1993年11月)

1993年11月5日に行われた、WBA世界ジュニアバンタム級タイトルマッチ「鬼塚勝也×タノムサク・シスボーベー」。前年4月以来の再戦の結末は!? [1993年制作]

ボクシング 坂田健史×ゴントラニー・ゴーグーマノン(2005年4月)

ボクシング 坂田健史×ゴントラニー・ゴーグーマノン(2005年4月)

2005年4月18日に後楽園ホールで行われた「坂田健史×ゴントラニー・ゴーグーマノン」。10カ月ぶりの復帰戦を勝利で飾れるか? [2005年制作]

ボクシング WBA世界フライ級タイトルマッチ ロレンソ・パーラ×坂田健史(2005年9月)

ボクシング WBA世界フライ級タイトルマッチ ロレンソ・パーラ×坂田健史(2005年9月)

2005年9月19日に後楽園ホールで行われたWBA世界フライ級タイトルマッチ「ロレンソ・パーラ×坂田健史」。敗戦から1年3カ月、坂田は前回の雪辱を果たせるのか? [2005年制作]

ボクシング 日本ライト級タイトルマッチ 久保田和樹×伊藤俊介(2005年11月)

ボクシング 日本ライト級タイトルマッチ 久保田和樹×伊藤俊介(2005年11月)

2005年11月10日に行われた、日本ライト級タイトルマッチ「久保田和樹×伊藤俊介」。相模原ヨネクラジム初の日本チャンピオン・久保田和樹の初防衛戦! [2005年制作]

ボクシング 坂田健史×長谷部弘康(2005年12月)

ボクシング 坂田健史×長谷部弘康(2005年12月)

2005年12月19日に後楽園ホールで行われた「坂田健史×長谷部弘康」。世界戦敗北から3カ月ぶりとなる、坂田健史の再起を懸けた一戦! [2005年制作]

ボクシング WBA世界フライ級暫定王座決定戦 坂田健史×ロベルト・バスケス(2006年12月)

ボクシング WBA世界フライ級暫定王座決定戦 坂田健史×ロベルト・バスケス(2006年12月)

2006年12月2日にフランスで行われたWBA世界フライ級暫定王座決定戦。3度目の世界戦となる坂田健史が同級1位のロベルト・バスケスと激突! [2006年制作]

ボクシング WBA世界フライ級タイトルマッチ ロレンソ・パーラ×坂田健史(2007年3月)

ボクシング WBA世界フライ級タイトルマッチ ロレンソ・パーラ×坂田健史(2007年3月)

2007年3月19日に後楽園ホールで行われたWBA世界フライ級タイトルマッチ「ロレンソ・パーラ×坂田健史」。 [2007年制作]

ボクシング WBA世界フライ級タイトルマッチ ロレンソ・パーラ×坂田健史(2004年6月)

ボクシング WBA世界フライ級タイトルマッチ ロレンソ・パーラ×坂田健史(2004年6月)

2004年6月4日に有明コロシアムで行われた、WBA世界フライ級タイトルマッチ「ロレンソ・パーラ×坂田健史」。 [2004年制作]

ボクシング WBA世界フライ級王座統一戦 坂田健史×ロベルト・バスケス(2007年7月)

ボクシング WBA世界フライ級王座統一戦 坂田健史×ロベルト・バスケス(2007年7月)

2007年7月1日に有明コロシアムで行われた、WBA世界フライ級王座統一戦「坂田健史×ロベルト・バスケス」。坂田が雪辱を果たし真の世界王者となるか!? [2007年制作]

ボクシング WBA世界フライ級タイトルマッチ 坂田健史×デンカオセーン・カオウィチット(2007年11月)

ボクシング WBA世界フライ級タイトルマッチ 坂田健史×デンカオセーン・カオウィチット(2007年11月)

2007年11月4日に行われた、WBA世界フライ級タイトルマッチ「坂田健史×デンカオセーン・カオウィチット」。 [2007年制作]

ボクシング WBC世界フライ級タイトルマッチ 内藤大助×ポンサクレック・ウォンジョンカム(2008年3月)

ボクシング WBC世界フライ級タイトルマッチ 内藤大助×ポンサクレック・ウォンジョンカム(2008年3月)

2008年3月8日に両国国技館で行われた、WBC世界フライ級タイトルマッチ「内藤大助×ポンサクレック・ウォンジョンカム」。 [2008年制作]

ボクシング WBA世界フライ級タイトルマッチ 坂田健史×山口真吾(2008年3月)

ボクシング WBA世界フライ級タイトルマッチ 坂田健史×山口真吾(2008年3月)

2008年3月29日に行われた、WBA世界フライ級タイトルマッチ「坂田健史×山口真吾」。注目の日本人対決! [2008年制作]

ボクシング 坂田健史×全鎭萬(2009年6月)

ボクシング 坂田健史×全鎭萬(2009年6月)

2009年6月14日に行われた、坂田健史の復帰戦。スーパーフライ級に階級を上げ、2階級制覇への第1歩を踏み出す坂田はどんな試合を見せるのか? [2009年制作]

ボクシング 粉川拓也×熊朝忠(2009年7月)

ボクシング 粉川拓也×熊朝忠(2009年7月)

2009年7月7日に後楽園ホールで行われた「粉川拓也×熊朝忠」。現在7連勝中と勢いに乗る粉川は、内藤大助も苦しめた強敵に勝利することができるのか? [2009年制作]

ボクシング WBA世界スーパーウェルター級暫定王座決定戦 石田順裕×マルコ・アベンダーニョ(2009年8月)

ボクシング WBA世界スーパーウェルター級暫定王座決定戦 石田順裕×マルコ・アベンダーニョ(2009年8月)

WBA世界スーパーウェルター級暫定王座決定戦「石田順裕×マルコ・アベンダーニョ」の一戦を放送。【開催日:2009年8月30日 大阪府立体育館】 [2009年制作]

ボクシング OPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチ 大久保雅史×ロッキー・フェンテス(2010年3月)

ボクシング OPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチ 大久保雅史×ロッキー・フェンテス(2010年3月)

2010年3月に行われた、OPBF東洋太平洋フライ級タイトルマッチ「大久保雅史×ロッキー・フェンテス」。 [2010年制作]

ボクシング 内藤大助×リエンペット・ソー・ウィラポン(2010年5月)

ボクシング 内藤大助×リエンペット・ソー・ウィラポン(2010年5月)

2010年5月9日に行われた、内藤大助復帰戦。王座陥落のトラウマから脱するために非常に重要な意味を持つ復帰戦、内藤はどんな試合を見せるのか? [2010年制作]

ボクシング OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座決定戦 粉川拓也×ダニーロ・ペーニャ(2010年10月)

ボクシング OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座決定戦 粉川拓也×ダニーロ・ペーニャ(2010年10月)

2010年10月28日に後楽園ホールで行われた、OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王座決定戦「粉川拓也×ダニーロ・ペーニャ」を放送! [2010年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム2010年(フィル・ミケルソン)

マスターズ・オフィシャル・フィルム2010年(フィル・ミケルソン)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。フィル・ミケルソンが優勝した2010年大会を振り返る。 [2010年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム2009年(アンヘル・カブレラ)

マスターズ・オフィシャル・フィルム2009年(アンヘル・カブレラ)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。アンヘル・カブレラが優勝した2009年大会を振り返る。 [2009年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム2008年(トレバー・イメルマン)

マスターズ・オフィシャル・フィルム2008年(トレバー・イメルマン)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。トレバー・イメルマンが優勝した2008年大会を振り返る。 [2008年制作]

マスターズ・オフィシャル・フィルム2007年(ザック・ジョンソン)

マスターズ・オフィシャル・フィルム2007年(ザック・ジョンソン)

世界各地のタイトル保持者と、米国内の上位ゴルファーが一堂に会するゴルフの祭典「マスターズ」。ザック・ジョンソンが優勝した2007年大会を振り返る。 [2007年制作]

ボクシング WBC世界ミニマム級タイトルマッチ オーレドン・シッサマーチャイ×井岡一翔(2011年2月)

ボクシング WBC世界ミニマム級タイトルマッチ オーレドン・シッサマーチャイ×井岡一翔(2011年2月)

2011年2月11日に行われた、井岡一翔初の世界タイトルマッチ。日本最短世界王座獲得の懸かる井岡の相手は無敗の王者、オーレドン・シッサマーチャイ! [2011年制作]

  • 12月放送
シャール・シュワーツェル優勝 マスターズゴルフ2011

シャール・シュワーツェル優勝 マスターズゴルフ2011

75回目となるゴルフ界最高の祭典「マスターズゴルフ2011」。14アンダーのシャール・シュワーツェル(南アフリカ)が逆転でメジャー初優勝を飾った。 [2011年制作]

ボクシング WBC世界ミニマム級タイトルマッチ 井岡一翔×ファン・エルナンデス(2011年8月)

ボクシング WBC世界ミニマム級タイトルマッチ 井岡一翔×ファン・エルナンデス(2011年8月)

2011年8月10日に行われた、WBC世界ミニマム級王者・井岡一翔の初防衛戦。ボクシングの聖地・後楽園ホールでの井岡の戦いぶりに注目! [2011年制作]

  • 12月放送
ボクシング WBC世界フライ級タイトルマッチ ポンサクレック・ウォンジョンカム×粉川拓也(2011年7月)

ボクシング WBC世界フライ級タイトルマッチ ポンサクレック・ウォンジョンカム×粉川拓也(2011年7月)

2011年7月1日にタイで行われた、WBC世界フライ級タイトルマッチ「ポンサクレック×粉川拓也」。粉川は圧倒的不利な敵地で、ポンサクレックを倒せるのか? [2011年制作]

ボクシング WBC世界ミニマム級タイトルマッチ 井岡一翔×ヨードグン・トーチャルンチャイ(2011年12月)

ボクシング WBC世界ミニマム級タイトルマッチ 井岡一翔×ヨードグン・トーチャルンチャイ(2011年12月)

2011年12月31日に大阪府立体育会館で行われた、井岡一翔2度目の防衛戦。さらなる進化を遂げた井岡の戦いぶりに注目。 [2011年制作]

  • 12月放送
ボクシング 日本フライ級王座決定戦 粉川拓也×池原繁尊(2012年1月)

ボクシング 日本フライ級王座決定戦 粉川拓也×池原繁尊(2012年1月)

2012年1月26日に後楽園ホールで行われた、粉川拓也VS池原繁尊の日本フライ級王座決定戦を放送! 新チャンピオンに輝くのはどちらか!? [2012年制作]

ボクシング WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ スリヤン・ソールンビサイ×佐藤洋太(2012年3月)

ボクシング WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ スリヤン・ソールンビサイ×佐藤洋太(2012年3月)

2012年3月27日に後楽園ホールで行われた、佐藤洋太初の世界戦。佐藤は世界初挑戦でタイトル奪取なるか!? [2012年制作]

ボクシング 日本フライ級タイトルマッチ 粉川拓也×林徹磨(2012年4月)

ボクシング 日本フライ級タイトルマッチ 粉川拓也×林徹磨(2012年4月)

2012年4月26日に後楽園ホールで行われた、日本フライ級チャンピオン・粉川拓也の初防衛戦を放送! [2012年制作]

ボクシング WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ 佐藤洋太×シルベスター・ロペス(2012年7月)

ボクシング WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチ 佐藤洋太×シルベスター・ロペス(2012年7月)

2012年7月8日に横浜文化体育館で行われた、WBC世界スーパーフライ級王者・佐藤洋太の初防衛戦! 佐藤は強豪を迎え撃つことはできるのか!? [2012年制作]

ボクシング アマ7冠 怪物!井上尚弥デビュー戦 井上尚弥×クリソン・オマヤオ(2012年10月)

ボクシング アマ7冠 怪物!井上尚弥デビュー戦 井上尚弥×クリソン・オマヤオ(2012年10月)

高校生初のアマボクシング7冠を達成した“怪物”井上尚弥がついにプロのリングでそのベールを脱ぐ。相手は東洋太平洋ランカーのクリソン・オマヤオ。 [2012年制作]

TBS1 TBS2