1,698タイトル(8,618エピソード)
  • 写真のみ表示
  • 番組情報表示

最初へ <

  • 1
  • 2

最後へ

赤い嵐

赤い嵐

“赤いシリーズ”第8弾。3人の息子を持つ豆腐屋一家に、ある日突然、記憶喪失で正体不明の美しい娘が現れ、物語がミステリアスに展開していく。 [1979年制作]

  • 1月放送
噂の刑事トミーとマツ

噂の刑事トミーとマツ

国広富之と松崎しげるのゴールデンコンビで贈る人気刑事ドラマ。「刑事スタスキー&ハッチ」に着想を得た本作は、凸凹刑事コンビの活躍を軽妙なタッチで描く。 [1979年制作]

  • 12月放送
江戸を斬る・第4部

江戸を斬る・第4部

痛快時代劇「江戸を斬る」シリーズの第4部。西郷輝彦演じる“遠山の金さん”こと遠山金四郎の活躍を描く。金四郎とおゆきの夫婦剣法が三度大江戸の悪を斬る。 [1979年制作]

  • 1月放送
沿線地図

沿線地図

自分の子供が高校を中退し、同棲を始める。そんな出来事に直面した2組の夫婦が、相次ぐ事件を乗り越え“生きる”ということを問いかけるドラマ。 [1979年制作]

女たちの忠臣蔵「いのち燃ゆる時」

女たちの忠臣蔵「いのち燃ゆる時」

橋田壽賀子が脚本を手がけた東芝日曜劇場1200回記念番組。忠臣蔵の物語にまつわる女たちの愛と別れをテーマに描き、高視聴率を記録した感動巨編。 [1979年制作]

3年B組金八先生(第1シリーズ)

3年B組金八先生(第1シリーズ)

武田鉄矢主演「3年B組金八先生」第1シリーズ。何のために学び何のために生きるのか…金八先生と15歳の生徒との交流を描く。共演は倍賞美津子ほか。 [1979年制作]

たとえば、愛

たとえば、愛

深夜放送のDJ・九条冬子(大原麗子)と高井五郎(津川雅彦)の結婚披露宴に、別れた前夫・工藤六助(原田芳雄)が出席して生まれた波乱を描いたドラマ。 [1979年制作]

TBS長編大作ドラマ「熱い嵐」

TBS長編大作ドラマ「熱い嵐」

明治から昭和初期の激動の時代をダイナミックな行動と判断で乗り切った財政家・高橋是清の生涯を描いた、松浦行真原作「熱い嵐」のドラマ化。 [1979年制作]

TBS長編大作ドラマ「あめゆきさん」

TBS長編大作ドラマ「あめゆきさん」

シアトルの娼婦から大正昭和期の女流評論家へと羽ばたいた山田わかの劇的な生涯を描く。出演は三田佳子、山田五十鈴、秋吉久美子、松田優作ほか。1979年作品。 [1979年制作]

TBS長編大作ドラマ「大いなる朝」

TBS長編大作ドラマ「大いなる朝」

作曲家・山田耕筰と軍人・山本五十六という対照的な2人を軸に、明治から大正、昭和へと至る激動の時代に生きた人々を豪華キャスト&壮大なスケールで描く。 [1979年制作]

日曜劇場「熱い空気」

日曜劇場「熱い空気」

森光子が初めて松本清張ドラマに出演し、平均視聴率21.5%を記録した話題作。ある大学教授の家に働き者の家政婦が来たことで家族が崩壊していく様を描く。 [1979年制作]

  • 12月放送
日曜劇場「おんなの家 その9」

日曜劇場「おんなの家 その9」

橋田壽賀子脚本、3姉妹で営なむ炉端焼き「花舎」を舞台に笑いと涙で綴るシリーズ第9弾。ゲストに泉ピン子、新沼謙治を迎え、心温まる人情物語が展開される。 [1979年制作]

日曜劇場「かあさんの鈴」

日曜劇場「かあさんの鈴」

橋田壽賀子が脚本、石井ふく子がプロデュースを担当した名作ドラマ『母の鈴』を、同コンビがリメイク。盲目になった母が生きる希望を取り戻すまでを描く。 [1979年制作]

日曜劇場「姉妹〜その2〜」

日曜劇場「姉妹〜その2〜」

橋田壽賀子オリジナル脚本作品の続編。倍賞千恵子、沢田雅美、大竹しのぶ、3人の名女優が3姉妹を演じ、山本亘、佐野浅夫扮する恋人たちと恋模様を繰り広げる。 [1979年制作]

日曜劇場「露玉の首飾り」

日曜劇場「露玉の首飾り」

“菩薩と夜叉”二つの顔をもつ更科姫人形になぞらえて、女性の内面に潜む二面性を幻想的に描く「露玉の首飾り」。出演は萩原健一、岡田嘉子、夏目雅子ほか。 [1979年制作]

日曜劇場「翔べイカロスの翼」(西城秀樹出演)

日曜劇場「翔べイカロスの翼」(西城秀樹出演)

西城秀樹主演。サーカスに魅せられた若きカメラマンが、その短い生涯を閉じるまでに、激しく情熱を燃やし青春を駆け抜けていく様を描く。1979年作品。 [1979年制作]

日曜劇場「指」

日曜劇場「指」

松本清張原作のドラマ。バイトで洋裁をしている弓子は恒子と知り合い、2人はしだいに同性愛という関係になった。 [1979年制作]

  • 12月放送
日曜劇場「装いの街」(薬師丸ひろ子出演)

日曜劇場「装いの街」(薬師丸ひろ子出演)

「Wの悲劇」の三田佳子&薬師丸ひろこコンビがテレビドラマの中でも名演技を見せた話題作! 出演は三田佳子、薬師丸ひろ子、原田英子、井上順ほか。 [1979年制作]

水戸黄門・第10部

水戸黄門・第10部

国民的時代劇シリーズ「水戸黄門」第10部。江戸城内で発生した勅使接待にまつわる事件の後始末の為、黄門様は旅へ。シリーズ最高の平均視聴率37.7%を記録! [1979年制作]

赤い激突

赤い激突

“赤いシリーズ”第7弾。バレエ一家を舞台に、植物状態となった家族の安楽死問題をテーマに描く。平均視聴率20.4%を記録し、バレエブームを巻き起こした。 [1978年制作]

雲を翔びこせ

雲を翔びこせ

近代日本の経済界に大きな足跡を残した澁澤榮一の青春期を描いた大型ドラマ。出演は西田敏行、武田鉄矢、柴俊夫、Charほか。 [1978年制作]

TBS長編大作ドラマ「風が燃えた」

TBS長編大作ドラマ「風が燃えた」

明治の元勲・伊藤博文とその妻・梅子の生涯を軸に、近代日本の夜明けを疾風のごとく生きた人々を描いた大型ドラマ。 [1978年制作]

  • 12月放送
TBS長編大作ドラマ「獅子のごとく」

TBS長編大作ドラマ「獅子のごとく」

明治の文豪・森鴎外の秘められたる愛と、乃木希典との心の交流を描く大型ドラマ。出演は、江守徹、米倉斉加年、田中健、十朱幸代ほか。 [1978年制作]

日曜劇場「馬を売る女」

日曜劇場「馬を売る女」

松本清張のミステリー小説を倍賞千恵子主演でドラマ化。競馬情報で稼いでいる社長秘書が予想外の事態に巻き込まれて…。倍賞がラブシーンに初挑戦した話題作。 [1978年制作]

  • 12月、1月放送
日曜劇場「女たち」

日曜劇場「女たち」

橋田壽賀子が脚本、石井ふく子がプロデュースを担当したヒューマンドラマ。岩手の山村を舞台に、出稼ぎ農家の女たちの現実をシリアスに見つめた社会派作品。 [1978年制作]

日曜劇場「記憶」

日曜劇場「記憶」

十朱幸代主演で送る松本清張原作のサスペンスドラマ。OLとエリート社員のスリルに満ちた恋に待ち受ける、思いがけない結末とは。共演は児玉清、新克利ほか。 [1978年制作]

  • 12月放送
日曜劇場「心の影」

日曜劇場「心の影」

松本清張の名作「顔」を脚色し、大空真弓主演でお送りするサスペンス。恋人を殺したことを隠し通してきた女性の数奇な運命をミステリアスに描く。 [1978年制作]

  • 12月放送
日曜劇場「スパイスの秋」

日曜劇場「スパイスの秋」

倉本聰脚本のドラマ。天気予報官の夫とスパイス好きな妻が繰り広げる夫婦ゲンカを、子どもの目を通してユーモラスに描く。出演は大滝秀治、大空真弓ほか。 [1978年制作]

日曜劇場「足袋」

日曜劇場「足袋」

松本清張原作ドラマに池内淳子が初挑戦。サラリーマンの生活と鎌倉の能の世界を舞台に、違う世界に惹かれる男女の情念を描く。共演は平幹二朗、観世栄夫ほか。 [1978年制作]

  • 12月放送
日曜劇場「張込み」

日曜劇場「張込み」

吉永小百合主演で日曜劇場として制作された、松本清張原作「張込み」を放送。強盗殺人の犯人を追う刑事は、犯人が5年前に別れた恋人の家を張込む。 [1978年制作]

  • 12月、1月放送
日曜劇場「放蕩かっぽれ節」

日曜劇場「放蕩かっぽれ節」

東芝日曜劇場で放送された名作。長屋中の鼻つまみ者・らくだがフグを食べて死んだ。みんな喜ぶ中、らくだの友人・半次が現れ、香典を出せと暴れ出す。 [1978年制作]

薔薇海峡

薔薇海峡

“男には越えねばならぬ海峡がある”。宇津井健主演による組織暴力から市民を守るため市長となった男と登場人物が織り成すサスペンス・ドラマが登場。 [1978年制作]

人はそれをスキャンダルという

人はそれをスキャンダルという

山口百恵&永島敏行のコンビで贈るシリアスドラマ。山口百恵が演じる信子を通して、“自立していく女”をテーマに物語が展開される。 [1978年制作]

水戸黄門・第9部

水戸黄門・第9部

国民的時代劇シリーズ「水戸黄門」第9部。平均視聴率が37.3%、最高視聴率43.7%を記録したこのシリーズでは大和田伸也演じる二代目・格さんが誕生! [1978年制作]

赤い絆

赤い絆

大映テレビ制作のサスペンスドラマ“赤いシリーズ”第6弾。山口百恵・国広富之のコンビで、赤いシリーズの中で最も高い平均視聴率29.5%を記録した人気作品。 [1977年制作]

  • 12月放送
赤い激流

赤い激流

“赤いシリーズ”第5弾。“父と息子の愛”“師弟愛”を軸に、これまでのシリーズにはない展開を見せるファミリーロマン。 [1977年制作]

悪妻行進曲

悪妻行進曲

林隆三&大谷直子主演。“悪妻”をモチーフに巨匠・木下惠介が企画。新興住宅地にある一戸建に住む夫婦を軸に展開されるヒューマンコメディ。1977年作品。 [1977年制作]

明日の刑事

明日の刑事

坂上二郎扮する人情刑事の活躍を描く新シリーズ「明日の刑事」。新メンバーの田中健、志穂美悦子、谷隼人らが加わって内容もパワーアップ。 [1977年制作]

命もいらず名もいらず〜西郷隆盛伝〜

命もいらず名もいらず〜西郷隆盛伝〜

アメリカ人留学生が、明治維新の英雄・西郷隆盛の波瀾に満ちた生涯を調査するという形式で、人間・西郷の全体像を追及するドラマ。出演は高橋英樹ほか。 [1977年制作]

うちのホンカンシリーズ4「冬のホンカン」

うちのホンカンシリーズ4「冬のホンカン」

北海道放送制作、倉本聰が脚本。名物シリーズとなった「うちのホンカンシリーズ」の第4弾。ホンカン役である大滝秀治が好演。 [1977年制作]

江戸を斬る・第3部

江戸を斬る・第3部

痛快時代劇「江戸を斬る」シリーズの第3部。西郷輝彦演じる名奉行“遠山の金さん”こと遠山金四郎の活躍を描く。松坂慶子扮する紫頭巾との恋の行方にも注目! [1977年制作]

  • 12月放送
岸辺のアルバム

岸辺のアルバム

山田太一脚本。1977年に放送された衝撃のドラマ! 一見平和で幸せそうな中流家庭の崩壊と再生を描く。 [1977年制作]

  • 1月放送
新・夜明けの刑事

新・夜明けの刑事

坂上二郎が大活躍する、「夜明けの刑事」の続編。 [1977年制作]

すぐやる一家青春記

すぐやる一家青春記

男5人で暮らす相馬家の隣に夏目雅子演じる美人ホームヘルパーが引っ越してきたことから騒動が巻き起こる!木下惠介が贈るヒューマン・コメディー。 [1977年制作]

高倉健主演「あにき」(デジタルリマスター版)

高倉健主演「あにき」(デジタルリマスター版)

高倉健が唯一出演した連続ドラマ『あにき』のデジタルリマスター版を放送!兄が妹を嫁がせるまでの曲折した心情と行動を描く人情作品。脚本は倉本聰。 [1977年制作]

TBS長編大作ドラマ「海は甦える」

TBS長編大作ドラマ「海は甦える」

日本のテレビ史上初の“3時間ドラマ”。江藤淳の大河小説をドラマ化。主演には、仲代達矢、吉永小百合、加藤剛らが顔をそろえた。 [1977年制作]

  • 1月放送
日曜劇場「あしたの海」

日曜劇場「あしたの海」

渡瀬恒彦主演。都会生活や大学病院の研究室に失望し、離島へと逃避した青年医師。漁村での診療の傍ら、鯛の染色に夢を見いだした青年と、その妹の姿を描く。 [1977年制作]

日曜劇場「あの日あなたは…」

日曜劇場「あの日あなたは…」

姉と弟のいたわり、愛の素直さをテーマに、姉と弟の“秘密”をめぐって描かれるサスペンスタッチのドラマ。出演は佐久間良子、大和田伸也、東てる美ほか。 [1977年制作]

日曜劇場「美しい橋」(山口百恵出演)

日曜劇場「美しい橋」(山口百恵出演)

1977年に放送された山口百恵主演の貴重な作品! 偶然橋の上で知りあった男女の恋物語です。【出演】山口百恵、江藤潤、菅井きん、ほか [1977年制作]

日曜劇場「姉妹」

日曜劇場「姉妹」

橋田壽賀子のオリジナル脚本作品。倍賞千恵子、沢田雅美、大竹しのぶ、3人の名女優が未婚の3姉妹を演じ、前田吟、山本亘扮する恋人たちと恋模様を繰り広げる。 [1977年制作]

日曜劇場「白い闇」

日曜劇場「白い闇」

夫の精一が行方不明になった。精一には常子という女がいたという。しかし、その女は自殺と断定されて発見される。果たして精一の行方は? [1977年制作]

日曜劇場「時計」

日曜劇場「時計」

倉本聰のオリジナル脚本。1人の殺人犯、2人の追っ手、山奥にひとり住む女。4人の男女の、悲しくも切ない人間模様を描く。出演はフランキー堺、渡瀬恒彦ほか。 [1977年制作]

冬の運動会(木下惠介・人間の歌シリーズ)

冬の運動会(木下惠介・人間の歌シリーズ)

木下惠介「人間の歌」シリーズ最終作。「若者」のラブストーリーを軸に「家族とは何か」を描いていく。出演は根津甚八、いしだあゆみほか。 [1977年制作]

水戸黄門・第8部

水戸黄門・第8部

国民的時代劇シリーズ「水戸黄門」第8部。黄門様一行が向かうのは、第3部以来の薩摩。豪華セットも特徴の今シリーズは最高視聴率41.2%を記録した。 [1977年制作]

赤い運命

赤い運命

“赤いシリーズ”第3弾。運命のいたずらに引き裂かれた父娘が、真実を知る日はいつ?出演は宇津井健、山口百恵ほか。 [1976年制作]

赤い衝撃

赤い衝撃

“赤いシリーズ”第4弾。山口百恵&三浦友和のゴールデンコンビで贈る。運命の銃弾が恋人の体を貫いた! 二人の愛は!? [1976年制作]

うちのホンカンシリーズ3「嘆きのホンカン」

うちのホンカンシリーズ3「嘆きのホンカン」

北海道放送制作、倉本聰が脚本。名物シリーズとなった「うちのホンカンシリーズ」の第3弾。ホンカン役である大滝秀治が好演。共演は八千草薫ほか。 [1976年制作]

グッドバイ・ママ

グッドバイ・ママ

堀川とんこう演出兼プロデュース作。1年の命と知った未婚の母を坂口良子が演じた。悲しい恋の物語をTBSチャンネルで放送する。 [1976年制作]

高原へいらっしゃい(田宮二郎主演)

高原へいらっしゃい(田宮二郎主演)

山田太一のオリジナル書き下ろしドラマ。荒廃したホテルを一流にするべく立ち上がった一人の男性と、彼を取り巻く人々の奮闘を描く。主演は田宮二郎。 [1976年制作]

日曜劇場「ひとり」

日曜劇場「ひとり」

倉本聰が脚本を手がけた、船越英二主演の人間ドラマ。晩秋の渓流でひとりヤマベを追う男の孤独な釣りを通して、戦中派の男の心情とその人生の感慨を描く。 [1976年制作]

日曜劇場「幻の町」

日曜劇場「幻の町」

倉本聰原作・脚本の東芝日曜劇場1000回記念番組「幻の町」。北海道・小樽で、故郷の幻影を追い続ける老夫婦の物語。出演は笠智衆、田中絹代ほか。 [1976年制作]

日曜劇場「私の中のあなた」

日曜劇場「私の中のあなた」

戦後31年、戦争の傷あとを引きずる母と息子の姿を描く。橋田壽賀子が初めての終戦ドラマを書き下ろした。出演は京塚昌子、山本圭、芦田伸介ほか。 [1976年制作]

光は東方より野口英世伝

光は東方より野口英世伝

仲代達矢主演。野口英世の実像に迫るドキュメンタリー・ドラマ。伝記上の完璧な人物像ではなく、より人間らしい部分に焦点を当てながら野口の生涯を描く。 [1976年制作]

水戸黄門・第7部

水戸黄門・第7部

国民的時代劇シリーズ「水戸黄門」第7部。黄門様が松の枝おろしをしていて転落、腰を痛めた。養生のための温泉巡りをきっかけに旅が始まる。 [1976年制作]

赤い疑惑

赤い疑惑

“赤いシリーズ”第2弾。白血病を患った17歳の少女を通して、生と死、愛の喜びと哀しみなど描く。山口百恵&三浦友和のテレビ初共演作。 [1975年制作]

悪魔のようなあいつ

悪魔のようなあいつ

沢田研二主演。昭和最大の未解決事件のひとつ三億円事件を題材に、物語全編に暴力とエロチシズムを漂わせつつ、強奪犯の屈折した愛と行動、そして挫折を描く。 [1975年制作]

うちのホンカンシリーズ1「うちのホンカン」

うちのホンカンシリーズ1「うちのホンカン」

北海道放送制作。倉本聰が脚本を手掛け、本作以降名物シリーズとなった「うちのホンカン」。UFO出現騒動に騒然とする町の駐在さんを、大滝秀治が好演。 [1975年制作]

うちのホンカンシリーズ2「ホンカンがんばる」

うちのホンカンシリーズ2「ホンカンがんばる」

北海道放送制作、倉本聰が脚本。名物シリーズとなった「うちのホンカンシリーズ」の第2弾。支笏湖畔を守るホンカン役として、大滝秀治が好演。 [1975年制作]

江戸を斬る・第2部

江戸を斬る・第2部

痛快時代劇「江戸を斬る」シリーズの第2部。西郷輝彦が演じる名奉行“遠山の金さん”こと遠山金四郎の活躍を描く。ほか、松坂慶子、森繁久彌らが出演。 [1975年制作]

  • 12月放送
幸福ゆき

幸福ゆき

19歳の坂口良子が主演を務めた大映テレビドラマ。北海道・幸福町で育った姉妹が、殺人の汚名を着せられた父の無実をはらすため、東京で懸命に生きる姿を描く。 [1975年制作]

なつかしき海の歌

なつかしき海の歌

ディレクター長田はドラマ「なつかしき海の歌」を最後に総務部へ異動が決まった。その放送前日に飛行機事故が発生しドラマは報道特別番組と入れかわることに。 [1975年制作]

日曜劇場「あぁ!新世界」

日曜劇場「あぁ!新世界」

青春の志ならず、音楽を捨てて10年。満たされぬ毎日を僻村で送っていた一人の中年男の悲しさ、おかしさを素朴な村人と愛すべき妻とのふれあいを通して描く。 [1975年制作]

日曜劇場「愛ってなあーに」

日曜劇場「愛ってなあーに」

夫に依存する妻と、妻のある男を愛する若い女。2人が1人の男をめぐり、男のエゴイズムと戦う姿を描いたドラマ。長山藍子が妻役、水沢アキが愛人役を演じた。 [1975年制作]

日曜劇場「愛のふれあい」

日曜劇場「愛のふれあい」

橋田壽賀子が脚本、石井ふく子がプロデュースを担当し、視聴率22.6%を記録したヒット作。若尾文子主演で、愛に生きた薄幸の女性の姿を描く。 [1975年制作]

  • 12月、1月放送
日曜劇場「明日また」

日曜劇場「明日また」

堺正章主演。ひき逃げの犯人として捕まったトラック運転手。身に覚えのない青年だがなぜか自分が犯人だと言い…。一人の青年が夢、愛を求めて生きる姿を描く。 [1975年制作]

日曜劇場「終りの一日」

日曜劇場「終りの一日」

山田太一オリジナル脚本、ひなびた港町を舞台に30年の教員生活を終えて学校を去る、戦争未亡人を通して戦後史を描く。北林谷栄出演、1975年作品。 [1975年制作]

日曜劇場「女ふたり」(石坂浩二、浅丘ルリ子出演)

日曜劇場「女ふたり」(石坂浩二、浅丘ルリ子出演)

平岩弓枝原作の「花房一平事件帖」を自らが脚本を執筆。結婚後3年ぶりとなる石坂浩二と浅丘ルリ子の組み合わせで、同心と追われる女の事件帖を描く。 [1975年制作]

日曜劇場「白い花匂う」(吉永小百合、林与一出演)

日曜劇場「白い花匂う」(吉永小百合、林与一出演)

江戸の植木職人藤六の娘・おもんと、武家の長男・又三郎の恋物語。プロデューサーは石井ふく子。出演は吉永小百合ほか。 [1975年制作]

日曜劇場「誰も知らない愛」

日曜劇場「誰も知らない愛」

愛のあり方の不思議と、誰にも理解されずとも本当に幸せな愛をテーマに描く吉永小百合主演のラブストーリー。奈津は結婚できずに別れた元恋人と再会するが…。 [1975年制作]

日曜劇場「出会い」

日曜劇場「出会い」

結婚をめぐる肉親のエゴイズムと絆を描くドラマ。親を亡くし、妹のために生きてきた姉は、ある日妹に恋人がいることを知る。出演は渡辺美佐子、沢田雅美ほか。 [1975年制作]

日曜劇場「秘密」

日曜劇場「秘密」

中村玉緒、三浦友和出演。単調な生活から起きた妻の浮気心を通して家庭とは何かを描く。山田太一脚本、「岸辺のアルバム」の原型といわれる。1975年作品。 [1975年制作]

花吹雪はしご一家

花吹雪はしご一家

とび職の一家を舞台に、江戸っ子気質の家族の情愛を描くホームコメディ。森光子を始め、加山雄三、西城秀樹、荒井注、左とん平ら超豪華俳優が顔をそろえた。 [1975年制作]

  • 1月放送
水戸黄門・第6部

水戸黄門・第6部

国民的時代劇シリーズ「水戸黄門」第6部。五島からの帰路、自由なストーリー展開で、郷土芸能や名産にまつわるエピソードが満載。多彩なゲスト陣も続々登場! [1975年制作]

もうひとつの春(木下惠介・人間の歌シリーズ)

もうひとつの春(木下惠介・人間の歌シリーズ)

夜間大学に通う青年と、戦後の欠乏時代を生き抜いていた中年男性を対比させながら家庭とは何かをテーマに描く人間ドラマ。出演は小倉一郎、小林桂樹ほか。 [1975年制作]

赤い迷路

赤い迷路

“赤いシリーズ”第1弾。山口百恵と宇津井健の父娘コンビに加え、本作がTBS初出演となる松田優作が元サッカー選手を演じた。 [1974年制作]

事件狩り

事件狩り

石立鉄男主演の型破り弁護士アクションドラマ!共演は石橋正次、鈴木ヒロミツ、織田あきら。また、山口百恵、竹下景子、三浦友和ほか多彩なゲストが出演した。 [1974年制作]

寺内貫太郎一家

寺内貫太郎一家

三代続く老舗の石材店を舞台に、古き良き時代のカミナリ親父を中心とする一家とその隣人たちとのふれあいを描いた伝説のホームコメディー。 [1974年制作]

  • 12月放送
ニセモノご両親

ニセモノご両親

俊也と婚約したひみこだが、ひみこの両親は大反対。そこでひみこが打った手は? 出演は岡崎友紀、牧伸二ほか。 [1974年制作]

日曜劇場「裏長屋愛妻記」

日曜劇場「裏長屋愛妻記」

古典落語「山崎屋」「子別れ」をヒントに山田洋次のオリジナル脚本で描いた時代喜劇は「放蕩一代息子」に続く落語ダネドラマの第二作。 [1974年制作]

日曜劇場「縁結び」

日曜劇場「縁結び」

くず餅屋の福住で働く正二郎は、娘の百合恵と二人暮らし。福住の主人と女将は、正二郎に再婚の縁談を持ちかける。 [1974年制作]

日曜劇場「彩舟流し」(石坂浩二、小川知子出演)

日曜劇場「彩舟流し」(石坂浩二、小川知子出演)

平岩弓枝原作の「花房一平事件帖」を自らが脚本を執筆。小川知子が、長崎の唐人屋敷の女通辞役というエキゾチックな時代劇女優に扮し悲恋を熱演。 [1974年制作]

日曜劇場「ちいさい愛」

日曜劇場「ちいさい愛」

失明した青年と彼を励ますお手伝いさんの間で育まれる愛を描いた、橋田壽賀子脚本のドラマ。出演は水前寺清子、加東大介、乙羽信子、篠田三郎ほか。 [1974年制作]

日曜劇場「ちゃん」(中村勘三郎出演)

日曜劇場「ちゃん」(中村勘三郎出演)

才覚がなくドジで家族に貧乏暮らしをさせ、酒を飲んで夜中にクダをまく“ちゃん”。そんなちゃんを温かくいたわり見守る女房と子供たちの姿を描く時代劇。 [1974年制作]

日曜劇場「風前の灯」

日曜劇場「風前の灯」

幸平は地方から家出して上野にいた所を不良少年2人につかまり、強盗の仲間にされる [1974年制作]

日曜劇場「冬の中に」(佐久間良子、石坂浩二出演)

日曜劇場「冬の中に」(佐久間良子、石坂浩二出演)

平岩弓枝の「花房一平事件帖」を原作に、平岩弓枝が脚本を執筆。美男侍・花房一平の周辺に起こる出来事を描いていく時代劇ロマン。 [1974年制作]

日曜劇場「ふるさと」

日曜劇場「ふるさと」

橋田壽賀子が脚本を担当した渥美清主演のドラマを放送。渥美演じる直太郎は寡黙な農家の長男。ある日、都会に出た弟妹が実家に帰ってくるが…。 [1974年制作]

日曜劇場「りんりんと」

日曜劇場「りんりんと」

倉本聰脚本。東京から北海道・苫小牧へ向かう1隻のフェリーを舞台に、母親と息子の交錯する人生の感慨を描く。出演は田中絹代、渡瀬恒彦ほか。1974年作品。 [1974年制作]

水戸黄門・第5部

水戸黄門・第5部

国民的時代劇シリーズ「水戸黄門」第5部。シリーズ初の片道道中はこれまでの回遊ルートではなく、最後まで黄門一行を阻む一味とのスリリングな追跡劇も描く。 [1974年制作]

夜明けの刑事

夜明けの刑事

大映テレビ制作のアクション刑事ドラマ。ユーモラスで人間性に富む庶民的な刑事と仲間たち。性格の違う面々の活躍で、次々と事件が解決していく。 [1974年制作]

  • 12月放送
江戸を斬る−梓右近隠密帳−

江戸を斬る−梓右近隠密帳−

国民に愛され続けた人気時代劇「江戸を斬る」の第1部。竹脇無我演じる主人公・梓右近が、将軍の大権を行使し得る“隠し目付”として悪に挑む。1973年作品。 [1973年制作]

  • 12月、1月放送

最初へ <

  • 1
  • 2

最後へ

TBS1 TBS2