《注目の選挙区一覧》

北海道7区
公民権停止中で、立候補できない父・鈴木宗男氏に代わり、長女の鈴木貴子氏が自民党の前職・伊東良孝氏に挑む。貴子氏は新党大地所属のままだが、候補者調整の結果、民主党公認での選挙戦で、激戦が予想される。
岩手4区
生活の党・小沢代表の選挙区。これまでの選挙では党所属議員の応援に全国を駆け巡っていたが、党の弱体化に加え、支持層の高齢化も加わり、自民党の藤原崇の追撃を許す形に。今回は地元に張り付き、議席確保を目指す。
栃木3区
みんなの党が解党し、今回、無所属で挑む渡辺喜美氏の地元。父親以来、盤石の地盤を築いてきたが、支持層の高齢化に加え、傘下の地方議員の離反も相次ぎ、苦しい選挙戦となった。負けると後がない渡辺氏を自民の簗和生氏が追いつめる注目区。
東京1区
民主党の海江田万里代表は前回の総選挙でも、自民党の山田美樹氏に敗れ、比例代表で復活当選。今回は雪辱を狙うが、党首とあって、全国の応援に回らざるを得ず、苦戦は必至。比例復活の可能性を残せるかどうか、獲得票数にも注目。
東京14区
「うちわ問題」で大臣辞任を余儀なくされた自民党・松島みどり氏だが、選挙区の地盤は固く、盤石の選挙戦。生活から民主に移って挑む木村剛司氏が番狂わせを起こせるか。
大阪10区
民主党の名物議員、辻元清美氏と維新の党の松浪健太氏の争いに、自民の大隈和英氏がからむ選挙区。毎回、激戦になる注目区で、今回も最後まで目が離せない展開になりそう。
大阪11区
前回、現職閣僚ながら議席を失った民主党の平野博文氏と前回、勝利の維新・伊東信久氏の戦いに突然、自民の佐藤ゆかり氏が国替えして参戦。維新の党のおひざ元で、かつての小泉チルドレンが旋風を巻き起こすのか。
広島6区
かつては国民新党を率いた亀井静香氏も今回、比例復活のない無所属で後のない戦い。自民・小島敏文氏と3度目の対決だが、影響力の低下に加え、支持層の高齢化もあり、苦しい選挙戦。議席を維持できるかどうか、決着は深夜になりそう。
福岡1区
自民党公認を争った井上貴博氏と新開祐司氏がともに譲らず、結局、2人が無所属で出馬。勝った方を公認するという結論に。2人のどちらが自民党公認を得るのか、それとも民主党の山本剛正氏が漁夫の利を得るのか。
沖縄1区
基地問題で自民への逆風が強い沖縄。自民の国場幸之助氏に挑むのは共産党の赤嶺政賢氏。共産党では史上3人目の小選挙区議席を勝ち取るのか、さらに今回は維新から出馬の下地幹郎氏が勝ち残るのか。基地問題の行方にも大きな影響を与える注目の選挙区。
沖縄4区
自民党の西銘恒三郎氏に挑むのは、長く西銘氏を後援してきた無所属の仲里利信氏。現職知事が敗れた知事選と同じ構図になった。政界を引退し、晴耕雨読の日々を送っていた77歳の仲里氏が反基地移転で勝利を飾れるのか、見逃せない選挙区。
“選挙区名”から、
それぞれの速報ページへリンクしています
TBSトップTBS Newsi
Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.