第61回『輝く!日本レコード大賞』

2019年12月30日(月) よる5時30分から 生放送!

第61回 日本レコード大賞 
各賞発表
AWARDS

日本レコード大賞
JAPAN RECORD AWARD

パプリカ
Foorin

最優秀新人賞
NEW ARTIST OF THE YEAR

BEYOOOOONDS

優秀作品賞
SONGS OF THE YEAR

ECHO

Little Glee Monster

作曲・作詩・編曲:今井了介(TinyVoice,Production)

片隅

三浦大知

作曲:Kōki, 作詩:Daichi Miura 編曲:UTA

黒い羊

欅坂46

作曲:ナスカ 作詩:秋元康 編曲:ナスカ

サステナブル

AKB48

作曲:井上ヨシマサ 作詩:秋元康 編曲:井上ヨシマサ

純烈のハッピーバースデー

純烈

作曲・作詩:幸耕平 編曲:相川等・幸耕平 ストリングス・アレンジ:加藤JOE

Sing Out!

乃木坂46

作曲:Ryota Saito、TETTA 作詩:秋元康 編曲:野中“まさ”雄一

大丈夫

氷川きよし

作曲:水森英夫 作詩:森坂とも 編曲:石倉重信

ドレミソラシド

日向坂46

作曲:野村陽一郎 作詩:秋元康 編曲:野村陽一郎

P.A.R.T.Y.〜ユニバース・フェスティバル〜

DA PUMP

作曲:MASAT、Drew Ryan Scott 作詩:shungo. 編曲:MASAT

パプリカ

Foorin

作曲・作詩・プロデュース 米津玄師

曲名 50音順
新人賞
NEW ARTISTS OF THE YEAR

海蔵亮太

新浜レオン

BEYOOOOONDS

彩青

50音順
特別賞
SPECIAL ACHIEVEMENT AWARD

菅田将暉

竹内まりや

米津玄師

50音順
最優秀アルバム賞
BEST ALBUM OF THE YEAR

9999

THE YELLOW MONKEY

優秀アルバム賞
ALBUMS OF THE YEAR

いつか、その日が来る日まで...

矢沢永吉

瞬間的シックスセンス

あいみょん

Sympa

King Gnu

美らさ愛さ

夏川りみ

アルバム名50音順
最優秀歌唱賞
BEST VOCAL PERFORMANCE

市川由紀乃

作曲賞
BEST COMPOSITION AWARD

岩崎貴文

「限界突破×サバイバー」 氷川きよし

作詩賞
BEST LYRICS AWARD

石原信一

「最北シネマ」 松原健之
「雪恋華」 市川由紀乃

編曲賞
BEST MUSIC ARRANGEMENT AWARD

大橋卓弥/常田真太郎

「青春」 スキマスイッチ

企画賞
MUSIC PROJECTS OF THE YEAR

GUNDAM SONG COVERS

森口博子

大航海2020 〜恋より好きじゃ、ダメですか?ver.〜

高田夏帆

微吟

ちあきなおみ

My Bouquet

伊藤 蘭

Love Covers

ジェジュン

令和

ゴールデンボンバー

作品 50音順
日本作曲家協会選奨
JAPAN COMPOSER'S ASSOCIATION RECOMMEND

丘みどり

功労賞
LIFETIME ACHIEVEMENT AWARD

金井克子

園 まり

袴田宗孝

ビリー・バンバン

50音順
特別功労賞
SPECIAL LIFETIME ACHIEVEMENT AWARD

有馬三恵子

内田裕也

千家和也

萩原健一

50音順
特別音楽文化賞

ジャニー喜多川

「特別音楽文化賞」

ジャニー喜多川氏が受賞決定!!

TBSでは、年末恒例の『第61回輝く!日本レコード大賞』を、12月30日(月)よる5時30分から10時までの4時間半にわたり、新国立劇場より生放送でお届けする。
先日、2019年の「日本レコード大賞」候補となる「優秀作品賞」、「最優秀新人賞」候補となる「新人賞」など、各賞受賞者&曲を発表。
そしてこのたび、新たに「特別音楽文化賞」が設けられ、今年7月にお亡くなりになったジャニー喜多川氏が受賞することが決定した。
この「特別音楽文化賞」は、日本レコード大賞実行委員会で決まったもので、音楽文化の発展に寄与し、日本レコード大賞へ多大な貢献をもたらした方に贈られる賞として新設されたものだ。
なお、12月30日(月)の放送当日はジャニーズ事務所を代表して、日本レコード大賞、最優秀新人賞、最優秀歌唱賞の三冠を獲得している近藤真彦が出演し、ジャニー喜多川氏に代わって受賞することが決定した。

お知らせ
NEWS

第61回 『輝く!日本レコード大賞』 
総合司会
MC

司会を務める安住紳一郎TBSアナウンサー(左)と土屋太鳳(右)

安住紳一郎 (TBSアナウンサー) コメント

土屋さんは本当に周りの人を明るくさせるし、すごくハッピーオーラを持った方なので、少し緊張しがちな式典のステージも一気に華やかになります。アーティストの方たちの本気がステージにほとばしっているので雰囲気に気圧されないように、私たちもしがみついて盛り上げていきたいと思います。
12月30日年の瀬、押し迫った忙しい時間でありますが、アーティストたちの熱い4時間30分のステージをどうぞお楽しみに!

土屋太鳳 コメント

今年も司会をやらせていただけることを知った時は、すごくうれしかったです。役作りでも、生活でも、音楽にはずっと支えられてきたので。昨年は本当に感動をいただけたので、昨年の反省点も踏まえて今回改めて心を込めて、より皆さんと素敵な時間を共有できるように頑張ろうと思いましたし、また安住さんとご一緒できることも本当にうれしいです。
素晴らしい音楽、素晴らしい時間を、心を込めてお届けできたらと思います。

ナレーション

ジョン・カビラ

このページの先頭へ