開園時間:9:00〜18:00(最終入園17:00)

箱根サン=テグジュペリ MUSEE DU PETIT PRINCE DE SAINT EXUPERY A HAKONE

コラム

7年目の夏

2016.8.12
写真

私が星の王子さまミュージアムで、庭のデザインをさせていただくようになってから、今年で7年目の夏がやってきました。

写真

上は、2009年のスタート時の写真で、正確には、2009年7月が庭のスタートでした。

写真

この庭に草一株も植わっていなかった時があったなんてね。

そして、下の写真が、今年、2016年7月です。
庭がついに成熟し、ある程度の成功をやっと実感できた記念すべき年が今年になります。今年は、本当の意味で、今までの試行錯誤がある程度の実を?いえ、たくさんの花をつけ、同時にたくさんの感動があった、記念すべき7年目の年でもあるのです。

写真

箱根仙石原、夏は東京よりも冷涼で過ごしやすいとはいえ、湿気が多く、南仏とは、全く違った気候帯です。南仏の気候がとても乾燥しているのに対し、ここは、まさに湿地帯。そうした条件下で、ヨーロピアン・ガーデンを作るのは、創意工夫のしごたえが、十分すぎるほどだったといえるでしょう。

そして、ある程度の園芸の経験をもってしても、その地域ならではの問題点は、実際に経験し、実際に対処をしながらでないと乗り越えられず、たくさんの手探りをしながらのスタートでした。

下の写真は、庭の完成から1年経った、2010年の様子です。暑さ寒さ、多少は水はけが悪くても、丈夫なことではお墨付きの、ある程度大株に育っていたアジサイ’アナベル’をメインに選んだので、庭では、一見、とても元気に育っています。しかし、他の宿根草はなかなかうまく育ちませんでした。

写真

特に草花の栽培に欠かせない三大要素。土の水はけ、通気、光の当たり方に加えて、寒冷地ならではの耐寒性の問題。これがなかなか手ごわくて。
なかなか思った通りにはいきませんでしたが、改善できることを徐々に直していきました。

さて、また、2016年、今年の写真です。

写真

星の王子さまミュージアムを訪ねてくださるお客様に、「わー!すごい!きれい!」と、思っていただくには、どうしたら良いのか。さまざまな苦心もありましたが、この庭にかかわりながら愛情を注いでくれる他のスタッフの努力の甲斐あって、それなりの、庭らしさ。元気な花たちが醸し出す「癒しの空間」のようなムードもでてきたように思います。

写真

また、時間を巻き戻します。この写真は、2012年の初夏。樹木の調子が悪く。ほかにも、いろいろなことがうまくいかず、厳しかった記憶があります。

よく見ないとわかりませんが、奥に植わっている桜の木の調子がよくありませんでした。
しかし、これも乗り越えて、今、この桜も、大きく育っています。元気がありすぎて、間引きが必要なほどに。

写真

さらに悪いことに、左側に植えたこの庭のシンボルツリーの「ハンカチの木」も、枯れ始めたのです。慌てました。すべて伐採し、新たな木を植えるかどうかの判断も、私に任されましたが、さんざん悩んだあげく、再生することにすべてを掛けました。

大掛かりな土壌改良、3年計画で時期をわけて、切り戻していきました。心配そうに見守るミュージアムのスタッフのみなさんと、樹形を見て、形を整えながら木を小さく剪定しました。(最後は全てを株元で切って、脇から生えてきた新たな芽を生かして株立ちの木にしましたが、その都度、ここをもう少し切って、あっちを残して、と、私は常に地上から指示をださせていただきながら、木の気持ちに寄り添うような気持ちでの手術でした。)

写真

2016年の写真です。今は、まだ、元気に回復した桜の木(右奥)よりも小さいのですが、元気さにおいては、誰にも負けない!という風情。あとは「ハンカチの木」という名前の通り、ハンカチのような花(本当は苞)が咲いてくれるのを、来年か、再来年か。と待つばかり。葉の密度がありすぎるので、この秋には、枝を少し減らしてみようかと話しています。

写真

以前に1度か2度、星の王子さまミュージアムにいらっしゃった方でも、ぜひ、また次の機会にお越しいただけたら、この庭の素晴らしい生命力を感じて、楽しんでいただけるのではないかと思います。8月〜9月もさまざまな花が咲いています。

さて、庭のドラマは続きます。
次回は、ドラマチックな、バラ園の7年をご紹介したいと思います。

過去の記事へ

Le Petit Prince™ Succession Antoine de Saint-Exupéry licensed by(株)Le Petit Prince™ 星の王子さま™

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

トップへ