(写真)

国山 ハセン

Hasen Kuniyama

アナウンスセンター 2013年入社
担当番組:グッとラック!

Works

About my work

  • (写真)
  • (写真)
  • (写真)

2019年秋から始まった朝8時の情報番組「グッとラック!」のMCを担当しています。
日々試行錯誤を繰り返しながら朝の情報番組に何が求められているか、何を伝えることが出来るかを考え続けています。
インターネットも発達し、情報社会の中で「グッとラック!」ではより深い議論の場になるよう、皆さんにとってニュースを考えるきっかけになるようこれからも努力していきます。

Positive part of my work

私は主に情報番組を担当していますが、アナウンサーの仕事の幅という意味ではジャンルを問わず色々な仕事があります。日々勉強という仕事だとは思いますが、そこが面白さであり刺激的です。時に面白く、時にわかりやすく、伝え方は何通りもあります。アナウンサーとしてどのように表現するかということを考え、悩みます。だからこの仕事が好きです。

Negative part of my work

やはりテレビやラジオで伝えるということは、それだけ責任を背負うことだと思います。常にプレッシャーはかかりますし、見られているということは怖いと感じることもあります。生活も不規則になることもあります。放送のために何を準備するかも自分で決めることが多いです。しかし最終的には「伝えたい」という想いがあるから乗り越えられるのだと思います。

Schedule of one day

4:45

(写真)

事前準備

出社してから衣装に着替えてスタッフルームへと向かいます。新聞、アンケート結果、原稿などこの時間に出来る限り資料に目を通します。アウトプットのための準備時間です。

6:00

(写真)

打ち合わせ

メイクなどを済ませて、ここからスタッフとの打ち合わせスタートです。プロデューサーや演出担当、ディレクターなどなどそれぞれのコーナーに多くのスタッフが携わっています。どのように番組を進行するか、何がテーマかなど話し合います。緊張感もありますが和やかです。(笑)

7:45

(写真)

オンエア直前

7時からコメンテーターの皆さんとの打ち合わせを行い、意見を収集しスタジオでどんな議論が出来るかを考えます。その打ち合わせが終わりスタジオへ。直前に確認出来るものをチェック、最終打ち合わせです。

10:30

(写真)

反省会&翌日の打ち合わせ

オンエアが終わるとそのままスタッフルームに戻り、反省会です。それぞれの立場から改善点などを話し合います。フィードバックの時間です。加えて、翌日のラインナップなども議論します。勿論生放送ですから大幅に変わるなんてことも当たり前。それが面白さです。

11:30

(写真)

収録

日によりますが、この日は「グッとラック!」中に放送されている「キニナルマーケット」の収録です。全く異なるスタッフ、スタジオですが一丸となって番組に臨むのはどの番組も同じです。この番組は笑いの絶えない温かい雰囲気です!

16:30

(写真)

帰宅

長い1日もこれで終了!残業する日もありますが基本的には「グッとラック!」の放送終了で勤務終了となることが多いです。ロッカーに衣装を戻し、メイクを落とし、また次の日に備える。
この繰り返しですが、毎日が充実しています!

アナウンサーのスケジュールは担当番組によって大きく変わりますが、基本的には出社したらアナウンスセンターに。TBSにはラジオもあるので、1日のスケジュールを紹介します。OAに向けた準備も大切な仕事です!

Outside work

(写真)

day off

休日はリフレッシュするために外出することが多いです。映画を観に行ったり、運動をしたり、家族や友人に会いに行ったりします。また、趣味がサーフィンなので(まだまだビギナーですが・・・)海にも行きます。もっと上手くなりたいと挑戦することや、海を眺めているだけでも充実感がありますから。
とはいっても1日中寝ている日もあります。寝るのが1番!笑

(写真)

college life

学生時代はサッカーサークルに所属していたので、仲間たちとサッカーに励んでいました。アルバイトやゼミでの勉強、旅行や留学、自分でやりたいと思ったことはまずやってみるという日々でした。とにかくがむしゃらでしたがその経験は今でも活きているなと実感しますし、沢山の人と出会うことが出来ました。

Message

就職活動というのはものすごく緊張して、なかなか本来の自分を出せないものだと思います。
嫌になることもあるかもしれませんが、悲観的になることなど無いです。
自分は何がしたいのか、どんな人間なのか、自分なりに一生懸命考えるチャンスです。
私は就職先を決めることがゴールではないと思います。
むしろ本当に大切なのはその先で、そのために学生時代があるはずです。
情熱や信念は裏切らないはずです。
よく学び、よく遊び、よく悩んで下さい。
そして最後は楽しんでください!

(写真)