バース・デイ

INFORMATION

お知らせ
『人はなぜ挑み続けるのか?逆境を乗り越えるための哲学100』
TBS「バース・デイ」「プロ野球戦力外通告」取材班・編
番組スタート10周年&500回を記念!
全国の書店にて絶賛発売中!

人はなぜ挑み続けるのか?逆境を乗り越えるための哲学100


過去500回の中から100人の挑戦者たちを選び、彼らの言葉とそこに至る経緯を1冊の本にまとめました。彼らの思考、経験、言葉から多くのことを学び、一般社会で懸命に闘うすべての人々にこの本を捧げます。

タイトル:「人はなぜ挑み続けるのか?逆境を乗り越えるための哲学100」
(TBS「バース・デイ」「プロ野球戦力外通告」取材班・編)
価格:1,380円+税
発行・発売:ミラカイナカイブックス

PRESENT

今回は
尾上丑之助襲名記念手ぬぐいを3名様にプレゼント致します。
メッセージを添えて、奮ってご応募下さい!
応募期間: 5月18日〜5月24日
※当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。
 尚、プレゼントへのご応募はお一人様一回のみ有効とさせていただきます。

COMMENT

ご意見・ご感想
2019.5.18 O.A. “歌舞伎 尾上丑之助”
  • 番組が放送されるのを、予告が公開された時からとても楽しみにしていました。
    歌舞伎座の裏側、初舞台までの家族の姿など、私たちが知ることのできない様子を見ることができて、大満足です。
    私は新丑之助さんのデビュー日である團菊祭五月大歌舞伎の初日に観劇しました。
    丑之助さんに放送されたようなアクシデントがあったとは全く分からない、堂々とした牛若丸で感動しました。おじいさんの菊五郎さんと吉右衛門さんだけでなく、舞台に立つ皆さんの温かいまなざしが印象的でした。
    今回の放送で一番驚いたのが、菊之助さんの初舞台の映像があったことです。
    今まで雑誌のインタビューなどで写真は見たことがあったのですが、動いている当時の丑之助さんの姿は、やっぱり新丑之助さんによく似ていて、DNAを垣間見たように思いました。
    このような密着ドキュメンタリーが好きなので、また歌舞伎役者や舞台に携わる人の物語が放送されるのを楽しみにしています。
    (東京都・19歳・女性)
  • 和史くんですが、わずか5歳で舞台に上がるというのはかなり責任が伴うことだと思います。
    一家が俳優ばかりというのも大変そうです。
    ただ、歌舞伎自体が好きみたいで、専門書を読んだり父の歌舞伎を見たりしているようなので、和史くんの将来が楽しみでもあります。
    (群馬県・32歳・男性)
  • 歌舞伎が大好きなので、今回の放送を心待ちにしていました!
    家族皆で拝見しました。
    今月の団菊祭には伺えていないので、何より舞台映像を見ることが出来て感激でした。
    尾上丑之助君の可愛らしい所作は勿論、尾上菊五郎さんや中村吉右衛門さんら祖父に囲まれ、とても豪華な舞台でしたね。
    父として、今まで自分に教えてもらった歌舞伎の楽しさを、直に丑之助君に伝える尾上菊之助さんの姿勢にも、大変共感致しました。
    素敵な特集番組を有難うございました!
    (千葉県・40歳・女性)
banner_AD
Loading…

SNS

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.