インタビュー

スペシャルドラマ『LEADERS Ⅱ』2017年3月26日(日)放送

インタビュー 東出昌大さん

『LEADERSⅡ』に出演するにあたって

写真 今回のお話は前作と時間軸が重なる部分もあるので、それをどう描いていくのだろう? と思いながら台本を読ませていただきました。
ドラマは国産自動車の黎明期を描いた史実に基づいたフィクションですが、僕自身はこのような話を知りませんでした。江戸時代から明治、そして戦前、戦後と、日本の歴史の中で受け継がれていたものがあったと思うのですが、現代の波の中にいる僕らはその受け継がれてきた“何か”を忘れてしまいがちだと思います。ですが、何事も人から人へと受け継がれていくことで、より強固になり、より進歩する“何か”はあると思うので、もっと歴史や近代史を勉強したいと思うようになりました。

演じられた日下部誠はどんな人物ですか?

写真 熱さを持った男だと思います。日下部が辞表を手に直訴しに行くシーンがあるのですが、自分も仕事をする上や生きて行く上で、そういった覚悟というのはいずれ見せないといけないものなのかなと感じながら演じました。また日下部は進退窮まっても自分が良いと思うことを諦めないところが美徳でもあります。そこに「生きがい」があるというか、何か輝かしいものを見た気がします。

佐藤浩市さんや内野聖陽さんと共演した印象は?

写真 最初はメチャクチャ緊張しました。お二人とも「東出くん」と気軽に話しかけて下さるのですが、そのたびに「ああ佐藤さんだ! 内野さんだ!」と思ってしまう自分がいました。ですが、そうしているうちに徐々に溶け込むことができ、素晴らしい経験をさせていただきました。
とても真摯に現場に臨んでらっしゃる姿を見させていただいて、色々なことが勉強になりましたが、先輩方は細かい所も手を抜かず、常にディテールを考えて演技なさっていることが身に染みました。例えば会議のシーンで引きの画しか映らないのに、爪の間をちょっと汚しておくとか。皆さんシーンの前後での細かいことをしっかりと考えてらして、そういうところから演技は始まるのかと学びました。

撮影で印象に残っていることは?

日本全国から上海の巨大なセットでの撮影まで、当時と変わらないロケーションを求めて撮影するという、このスケール感はすごいと思いました。僕らが知り得なかった戦前の社会や戦後不況まで、こんなにも確かな時代背景まで描かれているのかと。そういった時代背景の中へスッと身を投じられたのは、監督や美術チームほかスタッフの皆さんが心配りして下さったからだと感じています。そのようなシチュエーションでは演技の質も変わってくると思いますし、歴史好きの一人としてとても良い体験ができました。

東出さんが考えるリーダー像とは?

写真 私利私欲ではないところで頑張り、生きがいを貫ぬく。その素晴らしさはリーダーに限らず、仕事をしている者すべてに関わるものだと思います。形は違えど、人それぞれいろんな器を持っていて、その器をどれだけ大きくしていけるかというのが、人が仕事をする上での課題なのかなと。

ドラマのみどころを教えてください

僕たちが演じているのは、ドラマをご覧になる皆さんと同じ姿形をしている日本人ですが、一昔前の気骨のある人たちです。今とは違う時代を感じていただければうれしいです。

Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.